顔汗 食事

困った顔汗なんとかしたい!食事中に噴き出す汗の原因は…

食事をしている時、だらだらと流れる顔汗に困った経験はありませんか?
食事中の顔汗に悩んでいる方は非常に多く、拭けば拭くほど大量の汗が出てくる傾向にあります。

 

なぜ食事中に顔汗が酷くなるのか、今回はそんな多くの方が悩む食事と顔汗についてご説明していきます。

 

食事中に顔汗が酷くなる原因は…

食事中の顔汗が出るのは、「味覚性発汗」という症状が原因になっています。これは香辛料
が多量に含まれた辛いものや酸味の強いものを食べた時に、発汗神経が刺激され汗が大量に分泌されるようになります。

 

しかし辛いものや酸っぱいものを食べていなくても顔汗が出てしまう場合には、「精神性発汗」と言われ、食事中に汗をかくことに意識が集中し、顔汗をかくことへの不安感や緊張感から、更に発汗してしまうことがあります。

 

この「味覚性発汗」と「精神性発汗」が併合して起こる状態を「味覚性多汗症」と言い、何を食べても発汗し、ダラダラと顔汗が噴き出てしまうのです。

 

食事中に顔汗が出るのは、「味覚性発汗」という症状が原因になっています。これは香辛料が多量に含まれた辛いものや酸味の強いものを食べた時に、発汗神経が刺激され、汗を出す汗腺が多い顔から大量に分泌されるようになります。

 

しかし辛いものや酸っぱいものを食べていなくても顔汗が出てしまう場合には、「精神性発汗」と言われ、食事中に汗をかくことに意識が集中し、顔汗をかくことへの不安感や緊張感から、更に発汗してしまうことがあります。

 

この「味覚性発汗」と「精神性発汗」が併合して起こる状態を「味覚性多汗症」と言い、何を食べても発汗し、ダラダラと顔汗が噴き出てしまうのです。

 

誰かと食事をする時には、顔汗が気になり、どんどんと発汗してしまう「味覚性多汗症」は、精神的なダメージも大きく、食事に対して恐怖心を抱いてしまうこともあります。

 

食事中の顔汗を抑えるためには…

まずは「味覚性多汗症」にまで進行してしまう前に対処をすることが大切です。「味覚性発汗」を抑えるためにも原因となる食べ物や香辛料などの刺激物を避けましょう。顔汗を意識しすぎないようにリラックスして食事をすることが重要です。

 

あまりにも症状が酷い場合には、外科的治療により顔汗を改善することもできます。「精神性発汗」の場合は、自律神経を整える効果の高い漢方などの服用も効果的です。

 

食事中の顔汗は意識しすぎに要注意!

食事中の顔汗は、意識しすぎることで更に悪化してしまうことがあります。顔汗にばかり意識を向けるのではなく、食事をリラックスして楽しむことを心がけてみましょう。

 

また顔にだけ汗をかくのは、体にある汗腺が正常に働いていないことが考えられます。日頃から運動や入浴などで、自然な発汗を促し、汗腺の働きを正常な状態に保つことで、体全身で汗の分泌を分散できるようになります。

 

食事中の顔汗が気になる方は、ぜひ参考にして適切な対処を心がけましょう。