顔汗 原因

顔汗の原因は運動不足!?顔から汗が出る仕組みと対処法

暑い季節のなると、顔からダラダラと汗が出て、ベタつく…
実はその顔汗の原因は、日ごろの運動不足が大きく影響している可能性があります。
気になる顔汗は運動とどのような関係があるのでしょうか。

 

今回はそんな顔汗と運動不足について、詳しく見ていきましょう。

 

顔汗の原因は運動不足!?気になる仕組みは…

身体には汗を分泌する汗腺が、約300万個以上存在します。しかしすべての汗腺が活発に活動しているのではなく、体の中であまり汗をかかない部分の汗腺は、休眠状態になっています。

 

その為、気温や湿度の上昇により汗を出す働きが活発になった時に、普段から活動している脇や背中、顔など上半身の汗腺を中心に汗を分泌する為、顔汗や脇汗が気になってしまうのです。特に顔や脇の汗腺は、他の部分よりも多く存在しているため、汗を感じやすいのです。

 

日頃運動をあまりしていない人は、汗をあまりかかないため、汗を分泌する力が徐々に衰え休眠状態になってしまう汗腺が多いと言えるでしょう。顔汗を抑えるためには、運動不足を解消し、休眠状態にある汗腺を起こし、汗をかきやすい状態にしてあげることが重要です。

 

運動をすることで、全身にバランスよく汗をかくようになれば、汗の全体量が体中に分散され、結果的に顔汗の分泌が抑えられるようになり、気にならなくなっていきます。

 

顔汗の原因である運動不足を解消しよう!

顔汗の原因である運動不足を解消するには、有酸素運動を取り入れることがおすすめです。
汗腺を起こすと言っても、初めからハードな運動をする必要はありません。まずはウォーキングのような軽い運動から始めて、徐々に体を慣れさせていきましょう。

 

その他にも、水泳・エアロビクス・サイクリングなども有効です。運動を習慣づけることで、汗の質も変っていきます。初めはベタベタしていた汗が、汗をかくことに慣れていくとサラサラとした良質な汗へと変化していきます。

 

運動中はしっかり水分補給をして、汗の分泌を促しましょう。汗をかくことで代謝も上がり、体全体の調子も整っていきます。1日20分程度を目標に、習慣付けて運動するように意識してみましょう!

 

運動不足を解消して気になる顔汗を改善しよう!

運動すると汗をかいてしまうから、顔汗が酷くなると思っている方も多いようですが、今回ご紹介したように、汗をかかないことで顔汗がどんどんと出てくるようになってしまうのです。

 

また顔汗がベタベタと感じるのも、汗を上手に排出できていないことが原因なので、汗を上手に分泌できるようになれば、ドロドロとメイク崩れすることも少なくなるでしょう。

 

汗は私たちの身体の状態をコントロールする重要な役割があります。ぜひ今回ご紹介したことを意識して、運動不足を解消しましょう!