顔汗 漢方

顔汗を抑えるなら漢方!?気になる効果と選び方!

身体の調子を整えるために用いられる漢方。実は顔汗にも効果があることをご存知ですか?

 

体の中から改善するためにも、顔汗が出る原因に対して改善効果がある漢方を選ぶことが重要です。今回はそんな顔汗と漢方について、詳しくご紹介していきます。

 

顔汗を抑える漢方を選ぶポイントは…

体質を体の中から変えていく漢方は、まずその用途に合った漢方選びが重要です。
顔汗は、緊張や興奮など精神不安・脂っぽい食事や香辛料を多量に使った食事など食生活の乱れ・肥満・ホルモンバランスの乱れの4つの原因に対して漢方での改善が期待できます。

 

まず緊張やストレスなどからくる精神的な顔汗は、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)や柴胡桂枝乾生湯(さいこけいしかんきょうとう)がおすすめです。これは精神的な安定を促し、緊張・不安を緩和してくれる効果が高い漢方です。

 

次に食生活の乱れからくる顔汗は、食事が不規則になりがちな生活や偏食を改善する田七人参(でんしちにんじん)や胃腸の働きを安定させる黄連解毒湯(おうれんげどくとう)などがおすすめです。

 

肥満が原因となる顔汗は、ダイエット効果が期待できる防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)がおすすめです。服用することで水分代謝を整え、顔や体の気になる発汗を抑えてくれます。

 

最後にホルモンバランスン乱れによる顔汗です。生理や更年期によって、女性は特にホルモンの影響を受けや少バランスを崩しがちです。そんなホルモンバランスを整え、顔汗を抑えるには、加味逍遥散(かみしょうようさん)や女神散(にょしんさん)などがおすすめです。

 

顔汗予防!漢方を服用する時のポイントと注意点

まず理解しておきたいのが、漢方は即効性のあるものばかりではありません。服薬することで、徐々に体質を改善して効果が実感できるものもあるので、継続して飲んでみましょう。

 

また複数の漢方やサプリメントなどを一緒に飲んでいると、成分によっては効果を打ち消してしまったり、体に負担をかけたりするものもあります。漢方の服用を始める際は、一度専門機関や販売店で相談し、あなたに合ったものを処方してもらうようにしましょう。

 

体質改善!気になる顔汗は漢方で治そう!

顔汗の原因はいくつかあり、改善するためにはその原因に合った対処が重要になります。漢方の服用で改善していく場合は、その原因や症状に合ったものを選ぶことが大切なので、自己判断せず、医師や漢方医の判断を仰ぎましょう。

 

また漢方薬は体に優しく作用するイメージですが、ごくまれに副作用が出てしまうこともあります。服用後に気になる症状がある場合は使用を控え、早めに医療機関に相談しましょう。

 

自分に合った漢方を上手に取り入れて、気になる顔汗を改善しましょう!