顔汗が出る3つのタイプとは?

3つのタイプ?

 

顔汗が出るタイプには大きく3つに分けることができます。あなたはどのタイプでしょうか?

 

チェック自律神経の乱れタイプ
激しい運動をしたり、気温の高い季節には顔や全身から汗がたくさん出てきます。
これはごく自然な反応です。でも激しい運動もしていないのに日常的に顔汗がひどい場合には自律神経のバランスが乱れているかも知れません。自律神経には交感神経と副交感神経があります。
活発に動いている時や緊張している時には交感神経が優位に働いています。昼間に仕事をしている状態、何か集中して取り組んでいる状態です。
逆にリラックスしている時や休んでいる時には副交感神経が優位に働いています。家に帰ってリラックスしている状態、これから布団に入って眠りにつく状態です。

 

この自律神経が乱れるとずっと交感神経が優位に働いている状態が続きます。
その結果、顔汗やのぼせといった症状が起こります。
対処法としては手のひら合谷(ごうこく)と呼ばれる人差し指と親指の骨が合流する個所から少し人差し指よりにあるツボを押すと自律神経を整え顔汗にも効果的です。

 

チェック緊張タイプ
人前に出るとドッと顔汗が出る人がこのタイプです。人前に出ると極度の緊張とストレスを受けて汗が多くなってしまいます。そんな自分が気になってますます汗がひどくなることも多いようです。
気にすればするほど緊張が高まってしまいます。対処法としてはできるだけリラックスを心がける事です。

 

チェック汗腺お休みタイプ
日頃から運動不足や夏場にはエアコンの効いた部屋で一日中過ごす人に多いのがこのタイプです。
汗腺が汗をかくことを休んでいる状態です。その結果体温調節が必要な場面で汗腺からうまく汗を出すことができなくて顔に汗が集中してしまうことがあります。対処法としては普段から運動をおこなったりサウナで汗を流すなどして汗をかく練習が必要です。

 

あなたのタイプは分かりましたか?それぞれのタイプにあった原因を改善する事で今すぐ顔汗を止めることは無理でもじっくり改善する事で徐々に顔汗が減ってきますよ。

 

サラフェ